メンズ

巷でも有名な歯医者で治療を受ける【悩める痛みがスッと消える魔法】

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供向けの矯正歯科治療

歯型

小さな子供に歯並びや噛み合わせの悪さといった症状がある場合は、早い段階で矯正歯科治療を受けさせてあげましょう。歯列矯正歯科治療の中には、骨格矯正が必要になるものもあります。そうなると成人よりも子供の骨の方が矯正しやすいのです。また噛み合わせの悪さを放置していると、身体が成長する際に悪影響を及ぼす可能性があります。児童矯正歯科治療は1期矯正歯科治療と2期矯正歯科治療とに分けることが出来ます。1期矯正歯科治療は主に3歳から12歳頃までが治療の対象となります。そして2期矯正歯科治療は永久歯が生えそろい始める10歳頃から成人までが対象になります。小児矯正歯科治療を利用するのであれば、適切な治療時期を把握したうえで、専門医と一緒に今後の治療計画を立てていきましょう。

反対咬合や上顎前突といった骨格が原因になっている症状は、主に1期で治療を受けることになります。3歳から12歳というのはまだ骨格が成長しきっておらず、骨も柔らかいため矯正しやすいのです。そして矯正歯科治療では子供専用の装置を使用します。これらの装置を利用することで、上下の顎のバランスを綺麗に整えることが出来るのです。また症状が重症である場合や、年齢が少し高めの子どもの場合は、フェイスマスク型の装置を就寝時に利用し、治療を進めていきます。2期の小児矯正治療では、成人と同様にワイヤーの矯正装置を利用して治療を進めていきます。しかし小児矯正歯科治療においては、1期で症状の改善が見られた場合、2期に進む前に治療そのものが終了することもあります。その状況に応じて治療の進め方を担当の医師と相談しましょう。